のんびり酒場ニコル 仙台の居酒屋 純米酒と自然派ワイン。郷土料理、東松島産牡蠣や三陸の魚介ともちぶた料理。

nicoru44.exblog.jp
ブログトップ
2017年 09月 21日

えごまの葉と実

いつもありがとうございます。店主のニコです。


畑の大葉に実がなると、山に行けばえごまにも実がなっていました。
「じゅうねん」とも言われて種子は10年生き続ける、
食べれば長生きできると言われる、なんとも有難いシソ科の植物です。

日本では種を重宝しますが、韓国では葉を食べると教えてもらいました。
私は今まで見たことも食べたことがありませんでした。
宮城でも山沿いには結構生えているんですね。実物を初めて見ること食べることができました。

葉と実をそのまま食べましたが、紫蘇のようですが全く違いました。。
うーん苦いし香りもいかがかと。。
以前お客様にキムチにすると美味しいと聞いていましたので
キムチの原料のような薬念を作り置きしていましたので
漬け込んでみました。
c0179935_11184581.jpg


これにはビックリしました。
ネガティブな苦味と香味が麹たちと一緒に発酵して溶け込み
ポジティブな苦さに変化しています。
実の弾けた後の余韻なんて目を閉じれば森の中です。
きっと胃腸の活性にも良さそう。


お肉料理の付け合わせに登場します。
秋の実りは楽しいですね。
大好きな季節です。


大町良いとこ一度はおいで♪


[PR]

by nico19740128 | 2017-09-21 11:23 | 畑・海・市場


<< イワシの卯の花漬けです。      アケビと山葡萄。 >>