のんびり酒場ニコル 仙台の居酒屋 純米酒と自然派ワイン。郷土料理、東松島産牡蠣や三陸の魚介ともちぶた料理。

nicoru44.exblog.jp
ブログトップ
2017年 10月 20日

ニコルにやってきたお酒

いつもありがとうございます。店主のニコです。



最近のニコルのお酒です。


お客様は正直で、お酒のご注文ががらりと変わる季節です。
ビールのアンコールは激減。
日本酒の冷酒要望は絶滅寸前。
焼酎はお湯割りでゆるゆると。
ワインも柔和な味わいのものが好まれます。


ビールはハートランドの注ぎ方もこの時期変更します。
ガスを減らしてコクもだします。
秋味の注ぎ方です。





燗酒不毛と言われるこの街でも
ニコルには偏見無く温めたお酒を好まれる方が
老若男女問わず多くてとっても嬉しいです。


お酒は温めないとダメ!な人間でも無いのですが
偏見をつくっているのは、造り手売り手の方だよなぁといつも思います。
ごりごりせずに
常温のお酒ちびちび飲むのも、おむすび食べているみたいで美味しいですしね。
温度を変えると知らない味わいが生まれます。
温度変化をたのしめるお酒ってすごいんですよ。ホント。



焼酎のおもしろさもやっと解ってきました。
地酒ってなんぞや?と考えると焼酎はやっぱりたのしい。
醸造酒のアルコール度数になれた私は
お水やお湯、炭酸で割って飲んだほうが身近になります。
造り手やその土地の方々の飲んでる姿を思って妄想旅行するのもマイブーム。



自然なワインたちも、新しい生産者を紹介するのも少なくなって
いつの間にか
私の言葉でちゃんと話せるワインしか提供しなくなりました。


親族が育てた食材や、人の顔が浮かぶ食材とお酒しか扱っていないと
やっぱりそうなるよなぁと数年前から思っていたことが現実に。
ワインに緊張感がある方も、きっと身近になれるワインたちかと思っています。
私が身近に思っているんですから。




ニコルのお酒は
華やかさはあんまり無いお酒たちかもしれませんが
一生おつきあいできちゃいそうなお酒です。
死ぬまでお付き合いしたい方に出会えたならば幸いです。

c0179935_12275864.jpg



山梨の金井さんご夫妻のワイン。
今飲んでいただきたい!
みんな笑顔になる程キラキラしてます!!



それでは
本日もご予約、ご来店を心からお待ちしております。
大町よいとこ一度はおいで♪

[PR]

by nico19740128 | 2017-10-20 12:28 | ダイスキなお酒


<< 22日(日)から25日(水)ま...      鯨の煮込みです。 >>