のんびり酒場ニコル 仙台の居酒屋 純米酒と自然派ワイン。郷土料理、東松島産牡蠣や三陸の魚介ともちぶた料理。

nicoru44.exblog.jp
ブログトップ

2017年 10月 05日 ( 1 )


2017年 10月 05日

個の料理

いつもありがとうございます。店主のニコです。



地域に根差した郷土食を調べ、掘り起こしていくと
当然ながら、家庭以外の地域に広まり継承されていく料理には名前があります。
名前があれば記録されて残り続ける可能性は高くなりますが
広まることを目的とされていない、家庭独自に伝わる「個の料理」には名前が無いものが多いです


個の料理の方が 魅力的なものが見つかったりもしますし
終わらせること無く 広め、継承しなければならないものが見つかったりします。



都市部になればなるほど
個の料理の親から子への伝承が高度成長を期に薄くなっていますが
戦前からの3世代までの伝承がぎりぎり成し得ている地域もあります。
人寄りの多い家庭、台所に何人かで立てる構造ですと口伝いに残っていたりします。

けれど4世代目「100年続く」となるとかなり危ういです。
地域によっては震災で街が解散し、更に困難な時代です。


何十代と伝わってきたことが
今、ぽきり折れてしまう。
改めて大切にしないとなあと思います。


c0179935_11145901.jpg


娘たちを見ていて改めて思いました。
この子達が将来、子を産み、育てている時に何を食べているのだろうか?


その地域の「根のある料理」が食卓に並んでいるのだろうか。
その地域で代々続く「種」で生まれた食物は並んでいるのだろうか。
大切な「根」と「線」が、淘汰されてしまうのではないか。




私にできることってなんだろうと日々考えています。

私の手が届く範囲で
地に根付いた作物で
意味のある料理のレシピで。
風土と食べ物の歴史を線にしながら。
丁寧に。





料理のレシピって
ハレの料理以外、残って無いんです。
「個の料理」は、このままきっと忘れられていくのです。




立ち止まってみませんか。


「線」となっていたことを考えてみませんか。
失ってからでは遅いんです。
ぜひ爺ちゃん婆ちゃんが達者なうちに聞いてみませんか。
お父さんお母さんが何食べて大きくなったか聞いてみませんか。
知っておきたいんです。
教えてください。


折々にお話を聞かせてくれると
とっても有意義で嬉しいです。





大町良いとこ一度はおいで♪


[PR]

by nico19740128 | 2017-10-05 11:28 | 徒然なるまま