のんびり酒場ニコル 仙台の居酒屋 純米酒と自然派ワイン。郷土料理、東松島産牡蠣や三陸の魚介ともちぶた料理。

nicoru44.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ダイスキなお酒( 314 )


2017年 10月 20日

ニコルにやってきたお酒

いつもありがとうございます。店主のニコです。



最近のニコルのお酒です。


お客様は正直で、お酒のご注文ががらりと変わる季節です。
ビールのアンコールは激減。
日本酒の冷酒要望は絶滅寸前。
焼酎はお湯割りでゆるゆると。
ワインも柔和な味わいのものが好まれます。


ビールはハートランドの注ぎ方もこの時期変更します。
ガスを減らしてコクもだします。
秋味の注ぎ方です。





燗酒不毛と言われるこの街でも
ニコルには偏見無く温めたお酒を好まれる方が
老若男女問わず多くてとっても嬉しいです。


お酒は温めないとダメ!な人間でも無いのですが
偏見をつくっているのは、造り手売り手の方だよなぁといつも思います。
ごりごりせずに
常温のお酒ちびちび飲むのも、おむすび食べているみたいで美味しいですしね。
温度を変えると知らない味わいが生まれます。
温度変化をたのしめるお酒ってすごいんですよ。ホント。



焼酎のおもしろさもやっと解ってきました。
地酒ってなんぞや?と考えると焼酎はやっぱりたのしい。
醸造酒のアルコール度数になれた私は
お水やお湯、炭酸で割って飲んだほうが身近になります。
造り手やその土地の方々の飲んでる姿を思って妄想旅行するのもマイブーム。



自然なワインたちも、新しい生産者を紹介するのも少なくなって
いつの間にか
私の言葉でちゃんと話せるワインしか提供しなくなりました。


親族が育てた食材や、人の顔が浮かぶ食材とお酒しか扱っていないと
やっぱりそうなるよなぁと数年前から思っていたことが現実に。
ワインに緊張感がある方も、きっと身近になれるワインたちかと思っています。
私が身近に思っているんですから。




ニコルのお酒は
華やかさはあんまり無いお酒たちかもしれませんが
一生おつきあいできちゃいそうなお酒です。
死ぬまでお付き合いしたい方に出会えたならば幸いです。

c0179935_12275864.jpg



山梨の金井さんご夫妻のワイン。
今飲んでいただきたい!
みんな笑顔になる程キラキラしてます!!



それでは
本日もご予約、ご来店を心からお待ちしております。
大町よいとこ一度はおいで♪

[PR]

by nico19740128 | 2017-10-20 12:28 | ダイスキなお酒
2017年 10月 07日

アルカトラズ。

いつもありがとうございます。店主のニコです。



酒庫を整理しているとお酒と一緒に
そのお酒を預かった当時に考えていたことまで思い出し
整理整頓どころか小一時間立ち止まってしまうことがあります。

一緒に年を重ねるのは、やはり良いものですし
そのお酒の嫁ぐ方を見つけられた時は冥利に尽きます。

c0179935_11030794.jpg
先日嫁ぎ先が見つかったワインです。
アルカトラズ。
私のヒーロー、クロードクルトワが育てたロワールのシラー!12年前ですね。
ロワールでシラーを育てることは認められていませんので
最初で最後になったワインです。



私がすごい良い!と思っていても、酒屋さんもソムリエさんもお客様も誰も認めてくれなかった時代。
飲食店にも仲間がいませんでしたし、地方都市には情報が全くなかった頃でした。
悔しい思い出しか無い時代でしたが、
造り手を疑わず、自分自身も疑わずwやってこれたから今があるんだなぁとしみじみ。

その時代の私を知るお客様に嫁がせていただきました。
うつくしいとしか言いようのないワインに成長していました。



人生そのものでした。
これからも信じていきます。



大町良いとこ一度はおいで♪


[PR]

by nico19740128 | 2017-10-07 11:20 | ダイスキなお酒
2017年 09月 28日

淡いお酒がおいしい季節です。

いつもありがとうございます。店主のニコです。


日が暮れると肌寒くもなりました。
白ワインの比率が圧倒的なニコルも
淡い赤ワインを飲んでいただけるようになる季節です。
店内ワインセラーの中身も一新してみました。

日本酒も冷酒の要望は少なくなりまして
常温でいただく方、そして温めて飲んでくださる方も増えてきました。

神亀さんの出番です。
c0179935_11224998.jpg
フラッグシップの「ひこ孫」。
3年以上酒蔵で寝かされてから出荷される滋味溢れる純米酒です。

そのまま常温で飲むと渋味があるのですが
温めて飲みますとほっこり旨味が出てきます。

華やかさや、印象に残るインパクトは良い意味で少なく
けれど、あやうさの無い、底味がしっかりな安心できる味わいなんです。
いつも思うのは「ごはん」を食べている感覚のお酒です。


ニコルのお客様でしたら
ほとんどの方がどこかで飲んだことがあると思います。
思い入れが強い方もたくさんいらっしゃり、あれこれ左脳を働かせて飲まれる方もいるかと思います。
ですが、純粋に美味しいですね。
ごはん食べる時と同じで飲んでいただきたいです。



秋の夜長にほっこりお燗酒。
じっくりとボトルワインを飲み交わす。
時を忘れてのんびりが似合う季節がやってきます。


大町良いとこ一度はおいで♪






[PR]

by nico19740128 | 2017-09-28 11:44 | ダイスキなお酒
2017年 09月 14日

10年間月日を重ねたお酒。

いつもありがとうございます。店主のニコです。


秋ならではの乾いた風が吹き始めました。
お酒も秋味に移り変わっていきます。


お米も葡萄さんも実りの季節。
自然なワインも続々と新しい仲間がやって来ておりますし
純米酒たちも腰据えて味わえるボトルを酒庫から連れてきています。



c0179935_11371821.jpg


平成19年度醸造のオオセト。
10年熟成の凱陣さんです。

月日によって つるんと角無く変貌し
妖艶な味わいに言葉を失います。
古くてナンボでは無く、素敵な時間を経過していました。


これからも銘柄は変わりませんが
味わいはいつも違うはずです。

10年も年月を重ねればお酒は成長しますし
ニコルに長年お付き合いいただいている皆さまだって
その当時とは味わい方が変わってきているはずです。


裏切らないお酒たちが揃っています。
これからも一緒に年を重ねていきましょう。



大町良いとこ一度はおいで♪

[PR]

by nico19740128 | 2017-09-14 11:38 | ダイスキなお酒
2017年 09月 05日

恒例のブルーボトルです。

いつもありがとうございます。店主のニコです。




ブルー瓶の登場です。

たのしみにしていた方も多いのではないでしょうか?


c0179935_10583226.jpg


他のタンクは18%はあるアルコール度数も
ブルー瓶は15%程度。
飲み口はやさしく爽やかですが
旨みと酸味の振り幅が末広がりな凱陣節は
この瓶の中にも
ぎゅぎゅーっと詰まっています。


のどこしの味わいを大切にする方々にも嬉しいように
冷酒でもご準備させていただきますし
お燗にしたときの膨らみは、お酒のカドも解れて
私たちのカドまでもほぐれてきます。



熟成させると面白い表情を出してくる凱陣さんですが
こんなピッチピチな凱陣にも
心が踊らされてしまいますよ。




大町よいとこ一度はおいで♪

[PR]

by nico19740128 | 2017-09-05 11:00 | ダイスキなお酒
2017年 07月 27日

大三島からブラッドオレンジのお酒が届きました♪

いつもありがとうございます。店主のニコです。

瀬戸内の大三島でお酒をつくるリモーネさんから
ブラッドオレンジのチェッロが届きました♪




c0179935_10410509.jpg



有機JAS認証無農薬栽培、自園の果物だけで果実酒をつくっているのは
リモーネさんだけではないのでしょうか?


毎回レモンのお酒でお世話になっていますので
あのパン!とした香りと味わいはご存知の方も多いかと思います。
今回はブラッドオレンジです。


うつくしい天然の赤色。
味わいは何個一瓶に入っているんだ?と思うほどの凝縮した果実味。
大人なビター味が食事とも寄り添います。
混じりっけないすっぴんな味わいに嬉しくなりました。


今回のフルボトルでの瓶詰めは数本。。
その中の一本がニコルに嫁ぎました。
連絡をいただき、数を造れない手間も想像できて
大切に預かろうと改めて背筋が伸びました。



リモンチェッロファンのみなさま
ぜひぜひ飲んで感じてください。
大三島に行きたくなりますよ!
私もあの空気を吸いに再訪したいです!





それでは本日も皆さまのご来店をお待ちしております。

8月はだいぶお席が限られてきました。
お早目のご予約もぜひ宜しくお願いいたします。
大町良いとこ一度はおいで♪



[PR]

by nico19740128 | 2017-07-27 10:39 | ダイスキなお酒
2017年 06月 23日

アルコール度数15度の黒糖焼酎

いつもありがとうございます。店主のニコです。


奄美からやって来ました!
手造りの黒糖焼酎「龍宮」
なんとアルコール度数15%です。



c0179935_11082855.jpg






ワインや日本酒と同じくらいのアルコール度数です。
酒蔵で和水し15%まで落としてからの瓶詰。

たんなる前割りじゃないのと思いましたが
全く違いました。
味わいのまとまりが素晴らしいのです。



常温ストレートで飲むと龍宮特有のあの甘く芳醇な香りが立ちました。
スタンダードな龍宮にあるスパイスの様な香味さが薄くて
非常に穏やかな旨味があります。
そして特有の甘みがしっかりと余韻として残るのです。

薄くならずに、長所がちゃんと残っているのです!

氷で冷やしてロックでのめばザクザクと飲めちゃいますし
ソーダ割りにしてさらにアルコールを低くしてもブレません。
直燗では味わいが膨らみました。


心をこめて作ったお酒は柱があるから浮きません。
改めて思いました。




私も強い酒を年齢と共に欲しなくなり
より時間をたのしみたくなった最近。
おススメしたいお酒が増えました。

心地よく、おだやかに酔えますよ。
楽しい時間が長ーく続きます。

奄美の島々には簡単には伺えませんが
こんなお酒が生まれる土地と人たちですから
時間の流れが穏やかなんだろうなぁと
妄想が膨らむお酒でした。



たのしい週末になりますように!
皆さまのご予約ご来店を心からお待ちしております。
大町良いとこ一度はおいで♪






[PR]

by nico19740128 | 2017-06-23 11:06 | ダイスキなお酒
2017年 06月 08日

農楽蔵さんのワインノラポンです。

いつもありがとうございます。店主のニコです。


農楽蔵さんからワインが届きました。

c0179935_11445561.jpg




「この世界を
もうどうしようもなくなっているのに
やはり肯定したい気持ちにさせられる。
あきらめと希望が同居し
明るさと悲しみが一緒くたなのに、
私は明日の事を考えている。」

作曲家 武満徹さんの言葉を
農楽蔵さんのワインを飲んで何故か思いだしました。




今年のノラポンもキラキラしています。
満ちていますよ。

多くの方々に共有していただけたら嬉しいです。



本日も皆さまのご予約、ご来店を心からお待ちしております。
大町良いとこ一度はおいで♪


[PR]

by nico19740128 | 2017-06-08 10:45 | ダイスキなお酒
2017年 06月 07日

ハートランド生を16年ぶりに注ぎます。

いつもありがとうございます。店主のニコです。




一日がんばった自分へご褒美の生ビール。

キリンブラウマイスターからハートランドに
期間限定で変更します。


c0179935_10072560.jpg




厚みあるコクが素敵なブラウマイスターから
清らかな余韻がうつくしいハートランドへ♪

初夏にはぴったりかと思っています。



ハートランド生を注ぐのは、ビール工場勤務以来ですから
16年ぶり。
あの青い香りと喉こしのスムーズさのバランスが
なかなかに難しいのです。


今時期の山菜や青魚にも相性が良いビールです。
とりあえずの一杯だけと言わず
2杯、3杯とたのしく飲んで頂ければ幸いです!



本日は空席がございます。
皆さまのご予約、ご来店を心からお待ちしております。
大町良いとこ一度はおいで♪















[PR]

by nico19740128 | 2017-06-07 10:02 | ダイスキなお酒
2017年 06月 02日

マーク・アンジェリ氏のワイン

いつもありがとうございます。店主のニコです。


みなさんは何年も飲み続けているお酒ってありますか?
ビールだったらこの銘柄を3世代で飲んでいます。
日本酒はこの蔵をずっと応援しています。
あのワインの造り手に会って素敵だったの!
などなど贔屓にしているお酒があると思います。

私もあります。
ニコルにはそんなお酒だけを扱っていることを
公私混同なお店なことを
皆さんは知っていらっしゃるかと思っています。

好きなモノを好きな方に紹介したいことって
人の喜びの根源でもあると思いますので
これからも公私混同なニコルです。


十数年飲み続けているお酒のひとつ
マーク・アンジェリ氏のワインです。


c0179935_11491825.jpg




この白ワインと、もうひとつロゼワインは
いつもセラーに常備しています。
このお酒を体に入れるといつも思うのは、
楽なことと芯のこと。
疲れているときなど五臓六腑の浸透するやさしさって
他にはあまり感じないのです。
やさしいけれどいつもブレがなくて、飲み終える頃には逆に俺もがんばんねーとなーと
叱咤激励されている気持ちになります。



わかりませんよねw
ずっと飲み続けていると鏡みたいな気持も生まれるんです。
あの時のあじわい、あの年の自分や環境。
重ねていかないと観えない鏡かもしれません。


そんなお酒たちが嫁ぎ先を待っています。
味わいの冒険もたのしいですが
ひとつでも
灯台の様なお酒があるほうが、より幸せかと思います。


写真の2015年は(も)抜群ですよ!
大町良いとこ一度はおいで♪






[PR]

by nico19740128 | 2017-06-02 11:48 | ダイスキなお酒