のんびり酒場ニコル 仙台の居酒屋 純米酒と自然派ワイン。郷土料理、東松島産牡蠣や三陸の魚介ともちぶた料理。

nicoru44.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 09月 ( 26 )   > この月の画像一覧


2017年 09月 30日

鮫の心臓

いつもありがとうございます。店主のニコです。




「もうかの星」です。

c0179935_14371310.jpg



気仙沼では普通にスーパーに陳列する「もうかの星」。
もうか鮫の心臓です。

宮城以外では
ほとんどお目にかからない食材のひとつかもしれません。
サメの水揚げ日本一ならでは!気仙沼が誇る珍味です。



身も焼いたり、揚げたり、練り物に加工したりで食されますが
やっぱりホシが美味!
お刺身でどうぞー♪




宮城県民は食べたことのある方が多いでしょうが
食べたことない方は味の想像もできないかもしれません。


比べるのもあまり好きではないのですが
牛レバ刺しが食べれない昨近、それを思い出す味わいではありますが
それ以上に生臭さも無いんです。


食感もたのしく、醤油や胡麻油、酢味噌で味わえば
あれよあれよとお酒も進み、元気までも湧いてきます。



気仙沼の宝「もうかの星」!
この機会にぜひどうぞ~♪




それでは
本日もご予約、ご来店を心からお待ちしております。
明日10月1日(日)はお休みです。
大町よいとこ一度はおいで♪

[PR]

by nico19740128 | 2017-09-30 14:39 | 畑・海・市場
2017年 09月 29日

牡蠣解禁

いつもありがとうございます。店主のニコです。


本日から宮城県内で牡蠣の出荷が始まりました!
解禁日にお知らせできるのは震災後初めてです。


先日から驚くほど、たくさんの問い合わせの連絡をいただいております。

毎年楽しみにしていただいている皆様の声が励みになり、
嬉しさと緊張が同居する最近です。



叔父たちの育てる東松島市東名の牡蠣は順調に育っています。
先日船を新調もし、より良い牡蠣を育てようと日々研究も怠りません。
自然と対峙し、生き物を育てるのですから
毎年同じでは無いのです。

朝に「今年も始まりましたー!!」と連絡をいただきました。
話も聞いて今年は
週明けからニコルに日々連れてきたいと思っています。

c0179935_10152163.jpg

牡蠣と共に暮らす半年間が始まります。
東名の牡蠣のお話はまた来週にでもさせてください。


取り急ぎの報告でした。
大町良いとこ一度はおいで♪

[PR]

by nico19740128 | 2017-09-29 10:19 | 畑・海・市場
2017年 09月 28日

淡いお酒がおいしい季節です。

いつもありがとうございます。店主のニコです。


日が暮れると肌寒くもなりました。
白ワインの比率が圧倒的なニコルも
淡い赤ワインを飲んでいただけるようになる季節です。
店内ワインセラーの中身も一新してみました。

日本酒も冷酒の要望は少なくなりまして
常温でいただく方、そして温めて飲んでくださる方も増えてきました。

神亀さんの出番です。
c0179935_11224998.jpg
フラッグシップの「ひこ孫」。
3年以上酒蔵で寝かされてから出荷される滋味溢れる純米酒です。

そのまま常温で飲むと渋味があるのですが
温めて飲みますとほっこり旨味が出てきます。

華やかさや、印象に残るインパクトは良い意味で少なく
けれど、あやうさの無い、底味がしっかりな安心できる味わいなんです。
いつも思うのは「ごはん」を食べている感覚のお酒です。


ニコルのお客様でしたら
ほとんどの方がどこかで飲んだことがあると思います。
思い入れが強い方もたくさんいらっしゃり、あれこれ左脳を働かせて飲まれる方もいるかと思います。
ですが、純粋に美味しいですね。
ごはん食べる時と同じで飲んでいただきたいです。



秋の夜長にほっこりお燗酒。
じっくりとボトルワインを飲み交わす。
時を忘れてのんびりが似合う季節がやってきます。


大町良いとこ一度はおいで♪






[PR]

by nico19740128 | 2017-09-28 11:44 | ダイスキなお酒
2017年 09月 27日

10月の営業案内です。

いつもありがとうございます。店主のニコです。


10月の営業案内です。


10月

1日(日)
8日(日)
15日(日)
22日(日)〜24日(火)
29日(日)


を休業させていただきます。

9日(月祝)は営業致します!



おかげさまで既にご予約で満席を頂戴している日もございます。
大人数で楽しみたい方、週末にのんびりしたい方は
お早めにご連絡くださいませ!





いよいよ牡蠣も始まる10月。
改めてお知らせもさせていただきます。

実りの季節ですので造り手に会いに行く事も多い時期。
お皿やグラスに膨らみあるコトも入れられたらと思っています。

c0179935_10052993.jpg
実りある10月に!!
大町良いとこ一度はおいで♪




[PR]

by nico19740128 | 2017-09-27 10:06 | 今月の定休日
2017年 09月 26日

鮭の頭の郷土料理です。

いつもありがとうございます。店主のニコです。


鮭の水揚げの知らせも聞こえてきました。
大好きな鮭料理の仕込みが始まります。



捨てるところが無い鮭。
その中でも始末に興味深い料理がこれ。


東日本に点在する郷土食のひとつでもあります。
鮭の頭と酒粕でつくる料理です。

魚ですが、内陸栃木でよく知られた味わい深い料理です。
栃木では「しもつかれ」という名前で知られていますが
各地ではあら煮、カス煮など、名前の無いまま作られている食べ物でもあります。
c0179935_10170268.jpg






鮭の頭やアラを一日かけて柔らかく煮込み、
旬を迎える大根や人参の根菜類を荒くおろし
香ばしく大豆を煎り付けて、酒粕と一緒に
さらに煮込みます。




見栄えは全く無いのです。
これほど見た目と味わいのギャップがある料理もなかなか見つからないです。
けれど、じわじわきますよ。


アラと粕を
臭みが消えるおろし野菜と一緒に煮込みますので
旨味の塊と化しているのです。



栃木では貴重な魚を用いて
収穫を願い、神様に祀る料理でもあったそうです。




宮城では沿岸部の「あざら」が輝きますが
東北の内地でも点在する
魚のアラや野菜の古漬けを
酒粕や味噌で炊き上げた粕料理と
考えは共通の料理です。



東北と違うのは
古漬けなどの乳酸菌の発酵力をかりて
日持ちを考える料理では無いところ。




しみじみ美味いんです。
興味がある方は少ないかもしれませんが(笑)
共通する「始末」を考えた料理は
右脳に直撃しますよ。


ぜひどうぞ。




それでは
本日もご予約、ご来店を心からお待ちしております。
大町よいとこ一度はおいで♪

[PR]

by nico19740128 | 2017-09-26 10:16 | ニコルの献立
2017年 09月 25日

今週もよろしくお願いいたします。今朝の塩釜仲卸市場です。

いつもありがとうございます。店主のニコです。


朝起きる時に夜が明けていない季節になりました。
ちょっぴり出発には気合いが必要です。
c0179935_06464790.jpg
市場に入場すれば季節が変わったことを知らせてくれます。

サンマはもちろん、横綱のようなマグロ。
冬が近づき鮭もいましたし、鰤(ワラサ)が並んでいました。穴子や平目。
牡蠣の話題も場内で聞こえてきて
夏の名残は完全に消えました。


ビンビンな魚介を選べて乾物類もあれこれと。
五年先を見越しながらワインや清酒をごそごそと整理。
早々に準備開始です。
c0179935_07021459.jpg

今週は概ねのんびりな予約状況です。
秋らしい献立になりました。
ぜひぜひ皆さまのご来店をお待ちしております!
大町良いとこ一度はおいで♪

[PR]

by nico19740128 | 2017-09-25 06:43 | 畑・海・市場
2017年 09月 23日

今週もありがとうございました。来週もよろしくお願い致します。

いつもありがとうございます。店主のニコです。


今週もありがとうございました!
おかげさまで今週も無事に週末を迎えることができました。
皆様はたのしい一週間でしたでしょうか?


先日お世話になり過ぎている2大蔵元さんに立ち寄っていただき
こんな小さなお店をいつもいつも気にかけていただき、本当に励みになりました。
遠く離れていても見ていてくださる。
お酒のセレクトにもう全く迷いは無いのですが、
添い遂げる酒蔵に出会えた幸せ!これからもよろしくお願い致します。




自然と共に生きる作り手の皆さん、ホスピタリティー溢れる妻の最近の行動に
とても良い影響を受けています。


c0179935_12272421.jpg
尊ぶ仕事。
明日も、その先も頑張れそうです!

実りある毎日に。
来週も皆様のご来店を心からお待ちしております。


大町良いとこ一度はおいで♪

[PR]

by nico19740128 | 2017-09-23 12:18 | 徒然なるまま
2017年 09月 22日

イワシの卯の花漬けです。

いつもありがとうございます。店主のニコです。


真イワシが丸々としています。
毎年サンマで造っていた卯の花漬けを
イワシで仕込みました。

c0179935_09520483.jpg
卯の花漬けは
青魚が採れる港町に点在する郷土料理のひとつです。
鮮度良いイワシの骨と肝を取り除き
おからと米酢で作った床で数日寝かせました。


青魚とお酢の相性は最高です。
シメサバとか皆さん大好きですよね。
卯の花の旨味が酸っぱさを中和してくれて
なんとも味わい深い料理に仕上がりました。


純米酒よし、自然な味わいのワインとも友達です。


今年のイワシは美味しいですよ。
サンマやアジ共々宜しくお願い致します。
大町良いとこ一度はおいで♪


[PR]

by nico19740128 | 2017-09-22 10:03 | ニコルの献立
2017年 09月 21日

えごまの葉と実

いつもありがとうございます。店主のニコです。


畑の大葉に実がなると、山に行けばえごまにも実がなっていました。
「じゅうねん」とも言われて種子は10年生き続ける、
食べれば長生きできると言われる、なんとも有難いシソ科の植物です。

日本では種を重宝しますが、韓国では葉を食べると教えてもらいました。
私は今まで見たことも食べたことがありませんでした。
宮城でも山沿いには結構生えているんですね。実物を初めて見ること食べることができました。

葉と実をそのまま食べましたが、紫蘇のようですが全く違いました。。
うーん苦いし香りもいかがかと。。
以前お客様にキムチにすると美味しいと聞いていましたので
キムチの原料のような薬念を作り置きしていましたので
漬け込んでみました。
c0179935_11184581.jpg


これにはビックリしました。
ネガティブな苦味と香味が麹たちと一緒に発酵して溶け込み
ポジティブな苦さに変化しています。
実の弾けた後の余韻なんて目を閉じれば森の中です。
きっと胃腸の活性にも良さそう。


お肉料理の付け合わせに登場します。
秋の実りは楽しいですね。
大好きな季節です。


大町良いとこ一度はおいで♪


[PR]

by nico19740128 | 2017-09-21 11:23 | 畑・海・市場
2017年 09月 20日

アケビと山葡萄。

いつもありがとうございます。店主のニコです。


冬の仕込みが始まりました。




「山葡萄がおがると近くでアケビも一緒になる。」
これからの季節に必要となる栄養のバランスも良く、
理にかなった保存食を作ります。
c0179935_10105058.jpg

秋田や青森の山岳部に伝わる郷土食なんですが
ざっくり話せばアケビを自然発酵させる、所謂なれずしです。

妻の横手の実家で聞いても、書物などを調べても解らず
ネットは調べても作っていない人が書いていることが分かるものばかり。

食べてみたい作ってみたい気持ちだけで一年悶々としていましたが
偶然なのか、必然なのか現役で作る方に出会い
あれこれと教えていただけました。



山から山葡萄とアケビを採って来て、
葡萄を絞り自然発酵を促しながら
樽の中でアケビともち米を一緒に漬け込みます。
じっくり待つこと100日間。
予定では正月に完成予定。


山葡萄の強い酸が殺菌作用となり塩を必要としない発酵食。
もち米がうまく糖化して甘味と酸味のバランス良く熟れば
美味しくなりそうな気がしています。



正直食べたことも無いのでドキドキなんですが
その地の山菜や紫蘇を入れる方、葡萄を使わずにお酢と麹を使う早熟れの方、
様々な作り方があるようですが、
これまた作る人が非常に少なくなっています。


残していきたいなぁと商売抜きで思う風土を感じる料理。
以前は私のルーツだった琵琶湖から
鮒を仕入れて鮓を作ったりしましたが
なんだか宮城で作る意味に違和感を感じて辞めました。


東北の根っこが次世代にも繋がるような料理を紹介したいですね。
「理に叶う料理」です。
どうか美味しくできてみなさんに紹介できたら嬉しいです。




大町良いとこ一度はおいで♪

[PR]

by nico19740128 | 2017-09-20 10:33 | 畑・海・市場