ホッキ味噌です。

いつもありがとうございます。店主のニコです。


ホッキ貝を身分不相応な数で預かりました。
大好物ですし料理するのも好きなのですが
私とお客様の胃袋とホッキの数が合いません。

こんな時こそ先人の知恵ですね。
先日郷土食を調べていた際に教わった
ホッキのご馳走料理をつくりました。

ホッキ味噌です。

c0179935_10231620.jpg



たっぷりのホッキ貝を剥いて刻み
酒と酒粕、そしてお味噌と葱で
じっくりと水分無くなるまで煮詰めていきます。

これがうまい。
ホッキは身よりもエキスが美味いと思っているのですが
そのエキスを逃げること無く味わいは凝縮して
味噌と粕によってコクまで生まれました。

考えられた料理だなぁと感服です。



昔からホッキは高価な食材でしたので
漁師まちのハレの献立だったと思います。

宮城のホッキ漁は海底に残る瓦礫の問題でまだまだ安定しませんが
ホッキ飯と一緒に忘れられないでほしい料理のひとつです。



本日は空席がございます。
ご予約、ご来店を心からお待ちしております。
大町良いとこ一度はおいで♪







[PR]
by nico19740128 | 2017-05-18 10:21 | ニコルの献立